社会福祉法人若竹会

園舎紹介

園舎紹介

構造について

園舎の構造は木造平屋建てで、在来工法(軸組工法)ではなく、地震に強いと言われている、枠組み工法(ツーバイフォー工法)を採用しています。また集成材の大きな梁を使うことにより、柱のない大きな部屋を作っています。


園舎の配置計画について

園舎は、南側の園庭を囲むように、L字形をしています。全ての保育室から園庭を見渡すことができ、園庭を囲んで設置された木製のデッキも特徴の一つです。


部屋の配置計画について

事務・管理・諸室は北側の道路沿いに、保育室を南側の園庭の周りに配置しています。また2歳児室から5歳児室では、手洗いやトイレを保育室の間にはさみ、園児が使いやすい構成になっています。


保育室の特徴について

保健室の天井の高さは、役7mで、天窓(トップライト)によりさらに明るくのびのびした空間となっています。また内装には自然材をふんだんに使い、温かみのある保育室となっています。


材料について

[外壁の材料]

外壁の材料は、レッドシダー(和名:米杉/槍科)のサイティングと左 官材のジョリパットという材料を使用しています。レッドシダーは耐久 性の高いと言われる材料で、外部の遊具などに用いられる材料です。共に手作の温かみのある材料です。

[内装の材料]

主要な部屋の床は、パインのフローリングです。腰壁にも、パイン材を使用しています。パイン材とは松科の樹木です。また壁と天井はビニールクロスで、一部の壁にはシナベニアを使っています。

[デッキの材料]

園庭の周りを巡るデッキはイペという材料で作られています。イペ材は南米産の樹木で、最も硬く耐久性の強い木であると言われています。 

[一般の窓の材料]

窓には木製のサッシを使用しています。このサッシは部屋側は木ですが外側にアルミ材を使用しており、耐久性が高い製品です。またガラスは強化ガラスの二重ガラスで、非常に機密性が高いというのが特徴です。

[天窓の材料]

天窓(トップライト)も、木製のサッシを使用しています。このサッシも、部屋側は木ですが、外側はアルミ材で強化ガラスの二重ガラスがはまっています。この窓は電動式になっており、ブラインドと窓が共にリモコンで作動します。